• ホーム
  • パンフレットを事前によく読んで降圧剤の頭痛を防ごう

パンフレットを事前によく読んで降圧剤の頭痛を防ごう

血圧が高い方には生活の改善とともに、薬でのコントロールも必要になってきます。
食事や軽い運動も欠かせませんが、これらが効果を出してくるには時間がかかります。
ですが、高血圧の症状が進んでしまっている方は、長い時間待っていられません。
ですから、薬によって血圧を下げて血管を守ることも必要です。
そんな高血圧の症状を抑える薬が降圧剤です。
血管にかかる圧力を抑えたり、体を緩めたりすることで、血圧をセーブすることができます。
降圧剤でもいろいろな種類があります。
それぞれ多少の働きの特徴が異なっていたり、使われている成分も差があります。
ですから、他の症状や体質によっても医師から処方される降圧剤は異なってきます。
医師の判断によって、途中で変わる場合もあります。
しかし、どの薬にも副作用の可能性があります。
指示通りのタイミングや量であれば、大きな問題になる様な薬は認可されていません。
しかし、体調や飲み方次第では、ちょっとした不快感は出る場合もあります。
それが頭痛です。
降圧剤は交感神経が緊張してしまい、頭まで血液がうまく循環しなくなります。
そのために頭痛を引き起こすことがあります。
このことは薬のパンフレットなどにも書かれています。
ですから、薬や高血圧のパンフレットをよく読み、どんな症状があるのか知っておくことも大切な対策になります。
頭痛が続く、あまりにもひどい場合はすぐに医師に相談しましょう。
頭痛も放っておくと大変なことになる可能性があります。
また、パンフレットなどには、どんなふうに生活をすると良いかも書かれています。
緊張が原因ですので、いつも以上にリラックスして過ごすように心がけることも忘れてはなりません。